上手なキャッシング借り換え講座

キャッシング 借り換えによるデメリット

数件のキャッシングを借り換えしてひとつにまとめることによるメリットは、利率の低いところから借り換えすることで、総返済額を少なくできることや、それまで別々で管理することが困難になっていたキャッシング状況を一目瞭然に管理しやすくすることで、気分的なゆとりを持つことができるといったプラスの面があります。

 

しかし、借り換えのやり方によっては、マイナスになるまとめ方もあるので気を付けなくてはなりません。

 

いま、日本においt金利の上限を設定する法律は2つ存在します。

 

年の利率の上限を29.2%に定める「出資法」と、上限を20.0%と定める「利息制限法」の2つの法律です。

 

この2つの上限金利の20.0%〜29.2%との間を「グレーゾーン金利」と呼びますが、借り換えておまとめローンにする時、このグレーゾーンがあることで、普通ならば返済しなくて良い金額を支払う計算にされてしまうことがあります。

 

例えば、消費者金融等でものすごく高い金利で長期間返済をし続けていたような場合によくあるケースですので、「私はこれに該当するかもしれない」と思う方は、契約をする前に、消費者金融相談窓口で相談されることをオススメします。

 

公共のサービスになりますのでお金はかかりませんが、常に開設されているわけではない場合もあるので、市あるいは区役所に事前に問合せてみてからの方がよいでしょう。

 

確かに「おまとめローン」という方法は、キャッシングを繰り返して月々のいくつもある返済に頭を抱えている方には助けの手になることが多いですが、その人のキャッシングの状況によっては不利になってしまうこともあるという認識も必要です。

キャッシング 借り換えによるデメリット関連エントリー


借り換えをうまく利用して返済をスッキリさせませんか?

Copyright (C) 2010 上手なキャッシング借り換え講座 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

キャッシング 借り換えによるデメリット