上手なキャッシング借り換え講座

上手なキャッシング借り換え講座

キャッシングの借り換えとは

「借り換え」に関しては理由、あるいは目的が何個かありますが、借り換えとは要するに、現在借りているローンを別の会社(金融機関)から借りたお金で一括返済をして、改めて返済するローンの組み直しをすることを言います。

 

それで、どうしてそのような「借り換え」が必要かに関しては、上でも述べたようにその理由や目的がいくつかあるわけです。

 

例えば、現時点のキャッシング返済額の総計を借り直すことをして少なくできる場合もあります。

 

同じ様に、総返済額ではなくて、月々の返済額を少なくしたいという場合もあるでしょう。

 

何社かにキャッシングをしている時などは、複数に返済しているのを一社にまとめて返すための借り換えも可能なことがあります。

 

もちろん、今より低金利のカードローンでキャッシングをひとつにまとめるのですが、いくつかに返済しているのをひとつにすると、気持ち的にも楽になることが多いようです。

 

複数のところに返していると、常に返済に追われているような気持ちでいたのが、スムーズに管理ができて返済状態を押さえることができるということが安心感にも繋がるのでしょう。

 

キャッシングをしている当の本人からみれば、この様なメンタル的なゆとりは大事です。

 

当然気持ち的なことだけではなく、大切なことはそれまでの数社のキャッシングでの利子よりも、ひとつにまとめることにより支払い利息と支払い額を抑えられる可能性があるので、考えてみるメリットが大きいわけです。

 

借り換えに関しての検討する時は、それぞれの社のホームページなどを観てみて「返済シミュレーション」等を利用するのもオススメです。

銀行のカードローン借り換えのメリットとデメリット

借り換えローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますから借り換えローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、借り換えローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

借り換えローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

借り換えローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

借り換えローンのサービスを提供している金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけで借り換えローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融の借り換えローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行の借り換えローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスに借り換えローンはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く低金利な上に来店不要という点も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが申込時に収入証明書が必要になります「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムには借り換えローンに利用できる借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることでおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されており銀行カードローンに使う事はできません。

借り換えローンの手続きで一番手軽な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

数社から借り入れているローンを1本化できる借り換えローンを利用するとローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

良いことばかりのようなイメージの借り換えローンですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

借り換えローンにも契約前にカードローン審査がありますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

月々の返済総額を下げたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

複数の金融業者から借り入れがあると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、借り換えローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので前向きに検討することをおすすめします。

借り換えローンを利用することで毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

借り換えローンもキャッシングローンなので審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融の借り換えローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

いずれの金融機関から借り換えローンを借りるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので返済総額は借り換えローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

借り換えローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を明らかにしなければ、次の借り換えローン審査を受けても落ちる可能性があります。

借り換えローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

テレビCMでお馴染みのプロミスには借り換えローン専用のプロミス借り換えローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、即日審査、最短即日融資は銀行の借り換えローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

複数から借り入れている多重債務者の場合は借り換えローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、借り換えローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!借り換えローンの審査落ちした人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますがこれらの項目に問題が無ければ審査落ちすることは考えにくいです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

借り換えローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

借り換えローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

参考:みずほ銀行カードローンで借り換えができる?【審査のコツは?】

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

借り換えローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、借り換えローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融の借り換えローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行の借り換えローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

借り換えローンの手続きを円滑に進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

借入残高を証明する書類については借り換えローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融で借り換えローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですので借り換えローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

キャッシング借り換えブログ


借り換えをうまく利用して返済をスッキリさせませんか?

Copyright (C) 2010 上手なキャッシング借り換え講座 All Rights Reserved.